アプリケーションプログラマーの求人をお探しの方へおすすめの求人情報をご紹介しています。

イメージ

アプリケーションプログラマーへの転職とコミュニケーション能力

アプリケーションプログラマーへの転職を目指す場合、どのような能力が求められるのでしょうか。多くの人はまずプログラミング能力を挙げることでしょう。

とくにJavaなどの知識はアプリケーションプログラマーへの転職の際には非常に有利になるといわれています。

しかし、アプリケーションプログラマーの場合、そういった実務的な能力以外にもさまざまなものを求められる傾向があります。

とくにスマートフォンのアプリケーションやゲームの開発に携われる仕事では「どれだけ「売れる製品を作れるか」が重視されます。

過去にヒット作を手かげたことがある、開発に関わったことがある実績はプログラミング能力以上に重視されることがあるのです。

また、売れる製品を作るためのマネジメント能力も重要なポイント。そのためコミュニケーション能力もアプリケーションプログラマーには求められてきます。

自分が考えた企画を提案し、実現に持っていける能力がアプリケーションプログラマーには必要になります。

プロジェクトのリーダーとなって計画を推進していける能力、また会社を説得して開発に必要な時間や予算を獲得する能力も必要だと言っていいでしょう。

これらはすべてコミュニケーション能力が前提となっています。

また、過去の経験では大規模なプロジェクトに参加したケースよりも小規模なプロジェクトでアプリケーションプログラマーとしてどれだけ幅広い役割を担ったかが重視される傾向もあります。

これもプログラミングだけでなく、企画から公開まで多彩な役割を担ったことを証明できるからです。

この点もコミュニケーション能力を証明する役に立つわけです。

プログラマーというと黙々とプログラミングを行うイメージがありますが、アプリケーションプログラマーの場合はそういうわけにはいかないことを知っておきましょう。