アプリケーションプログラマーの求人をお探しの方へおすすめの求人情報をご紹介しています。

イメージ

アプリケーションプログラマーへの転職と近年の動向

アプリケーションプログラマーは現在IT業界で引っ張りだこと言われています。アプリケーションプログラマー求人の数も非常に多く、とくに経験者、必要なスキルを備えている人材はあちこちから引きが来ている状況です。

そんなアプリケーションプログラマー、近年はどのような動向が見られているのでしょうか。

まずインパクトの大きな動きとして見られているのがスマートフォンのアプリケーション開発者の需要増です。

グーグル日本法人が1度に200人を募集するなど大量募集が目立ちます。これは事業の拡大による人手不足はもちろんのこと、優れたアプリケーションプログラマーを自社で抱え込もうという企業の思惑も垣間見られます。

それから幅広い範囲でアプリケーションプログラマーの仕事が求められるようになっていること。

スマートフォンやゲームの開発だけでなく、WEBデザインに関わる開発なども行いますが、最近では官公署などからの仕事も多くセキュリティなどの充実を重視した仕事がアプリケーションプログラマーに求められるようにもなっています。

さらに海外への拠点を設ける企業も増えており、国内のみならず海外を視野に入れて働くアプリケーションプログラマーが多くなっています。

もうひとつ傾向としてはプログラミング以外の仕事が求められるようになっている点が挙げられます。

企画全体のマネージメントや会社の運営にも関わる立場で雇用されるケースが多いのです。

そのため求人の際にもプログラミング能力だけでなく、コミュニケーション能力やディレクション能力などが求められる場合が見られます。

こうした動向、市場の変化なども見極めたうえで自分にとっても適材適所を見つけることが重要になってくるでしょう。