アプリケーションプログラマーの求人をお探しの方へおすすめの求人情報をご紹介しています。

イメージ

アプリケーションプログラマーへの転職と年収

アプリケーションプログラマーは現在引く手もあまたな状況、転職の際にも多くの選択肢の中から選ぶことができます。

アプリケーションプログラマーとして大企業への転職、あるいはヒット作を連発している企業への転職も決して夢ではありません。

では、アプリケーションプログラマーの仕事ではどの程度の年収が期待できるのでしょうか。

アプリケーションプログラマーはIT業界においてもっとも「旬な」職種といってもよいでしょう。

逆に言えばアプリケーションプログラマーという職種は市場の動向の影響を密接に受けることになります。

簡単に言えば売れるアプリを作り出している場合には年収は急上昇、そうでない場合にはなかなか上がらない。

そんなシビアな状況でもあるのもアプリケーションプログラマーという職種の特徴ではないでしょうか。

まず転職時のアプリケーションプログラマーのスキルや経験が年収に大きく関わってきます。

すでにアプリケーションの開発の経験がある場合には400〜600万円程度で雇用されるケースが多いようです。

一方アプリ開発の経験はないものの、システムエンジニアとしての経験がある場合には300〜400万円程度です。

スタート地点で100万円以上の差がでることもあるわけです。

それから転職後の年収の伸びもです。簡単に言えば結果を出せば出すほど年収はうなぎのぼり。

ヒット作を手がければ1000万円以上もそれほど難しくないといわれています。

アプリケーションプログラマーの場合、プログラミングの仕事だけでなく、プロジェクトの企画・立案から関わることが多いため、成果がそのまま年収に繁栄されやすいのです。

このように、実績・スキルによって年収の格差が大きく見られるのがこの仕事の特徴。やる気を年収に結びつける努力と覚悟が必要となるでしょう。